ADHD(多動性障害)の子供におすすめのサプリメント『コドミン』

 

ADHD(多動性障害)なのかしらウチの子供…なんだかうちの子供って落ち着きがない…周りに比べてやんちゃすぎるような気がする、忘れ物が多い、なんだか育てにくい…など、子育てをしていて気になることはありませんか?

 

 

ADHD(多動性障害)の子供におすすめのサプリメント『コドミン』

公式サイトはこちら

 

https://mpj.jp/

 

 

ADHD(多動性障害)の子供におすすめのサプリメント『コドミン』

 

もしかしたら、ADHDの疑いがあるかもしれません。
最近テレビなどでも取り上げられるようになり、聞いたことがあるかもしれませんが、ADHDとは注意欠陥・多動性障害とも言われる発達障害のひとつです。
通常、子どもに多い症状として知られていますが、最近では大人になってからADHDに診断されたという方もいるようです。
ADHDはその特徴を正しく理解しきちんとサポートしてあげれば問題行動をなくし良い状態を保つことができます
今回は、ADHDの症状の特徴や、接し方、ADHDの子供のために開発されたサプリメント「コドミン」についても詳しくご紹介していきたいと思います。

 

 

ADHD(多動性障害)の子供におすすめのサプリメント『コドミン』

 

ADHD(多動性障害)とは?

ADHD(多動性障害)の子供におすすめのサプリメント『コドミン』
ADHD(注意欠陥・多動性障害)はAttention Deficit Hyperactivity Disorderの略で、不注意、多動性、衝動性の3つの症状がみられる発達障害のことです。
もともとは子供にだけ見られる症状と思われていましたが、最近の研究により、大人になっても、ADHDの症状が続いている人もいることがわかりました。
昔はADHDによる問題行動の原因が親のしつけの悪さにあると誤解されていましたが、ADHDは生まれつきの脳の機能障害が原因であることが明らかになりました
現在は、研究が進み様々な治療方法や治療薬なども開発されるようになりました。
ADHDの症状があることを理解せずに、単に性格の問題だと片付けてしまっていると、同じ失敗を繰り返してしまい、周りとトラブルになったり、自分に自信がもてない、生きづらくなってしまうなどの悪循環にはまってしまい、うつ病やひきこもり、不登校、不安障害などの二次障害を引き起こしてしまうことがあります
ADHDは早期発見・早期療育することによって症状を抑えることができます
もし子供の発達に気になることがあったら、一度専門機関で診察を受けてみることをおすすめします。

 

ADHD(多動性障害)に見られる行動

ADHD(多動性障害)の子供におすすめのサプリメント『コドミン』
ADHDの症状には個人差があり、症状の程度も人によって異なりますが、一般的に注意力が欠如している注意優勢型、じっとしていることが苦手、あるいは突発的な行動を起こす多動性衝動性優勢型と呼ばれる種類があります。
1つの症状だけでなく、3つの症状が複数重なっている人も多く、ADHDの人の8割が混合型とも言われています。
それでは、ADHDとはどのような症状なのか具体的な行動や特徴を紹介していきたいと思います。

 

不注意

  • 話を集中して聞くことができない
  • 忘れ物が多く、物をなくしやすい
  • ケガをすることが多い
  • 順序だてて物事を行うことができない
  • 宿題を最後までやりとおすことができない
  • 集中しづらかったり、逆に集中しすぎて切り替えができない
  • 片づけや整理整頓が苦手
  • 気が散りやすい
  • ケアレスミスが多い。

 

多動性

  • じっとしているのが苦手
  • いつもそわそわしている
  • 時と場所を考えずしゃべりすぎてしまう
  • 話を最後まで聞かずに答えてしまう
  • 静かに行動することが苦手
  • 座っていられず、歩き回ってしまう

 

衝動性

  • 思いつきで決断・行動する
  • ルールを守ることが苦手
  • 順番を守れない
  • 感情をコントロールするのが苦手
  • 集団行動が苦手
  • 友達と上手く遊べない
  • 他の人の邪魔をしたり、割り込んだりする
  • かんしゃくを起こしやすい

 

 

これらに当てはまる行動があるからといって、必ずADHDであるというわけではありません
もしかしてADHDなのかな?と疑問を持ったら、一度は専門機関へ相談されることをおすすめします。

 

ADHD(多動性障害)の子供の接し方

ADHD(多動性障害)の子供におすすめのサプリメント『コドミン』
ADHDの子供は、周りから乱暴な子、しつけのできていない子などという誤解を受けやすく、親も育て方が悪いのではないかと悩んでしまうことも多いようです。ADHDは、脳の先天的な機能障害が原因で、決して育て方が悪いということではありません
ADHDを正しく理解して、適切なサポートをすることで長所を伸ばしたり、ADHDの特性を目立たなくすることができるようになります。
ADHDの子供の接し方のポイントを詳しくご紹介します。

 

集中力を持続させる

ADHD(多動性障害)の子供におすすめのサプリメント『コドミン』
ADHDの子供は周りのちょっとした刺激に気が散りやすく、集中力が長続きしません。しかしちょっとした工夫で、集中力を持続しやすい環境を作ることができます

周りの情報をシャットアウトする

宿題や課題など集中力が必要なことをする時は、テレビを消す、おもちゃ、漫画、ゲームなど不要なものは片付ける音や光の刺激がない静かな場所で行うよう工夫しましょう

 

集中時間に合わせリセットする

集中力が短時間しか続かない子供の場合は、その時間に合わせて1度リセットすることも効果的です。例えば1枚のプリントをずっとやらせていると、すぐに飽きて集中力が切れてしまいますが、途中で質問をしたり、他のプリントに変えてみたりと変化をつけると、再度集中しやすくなります

 

達成感を積み重ねる

宿題や課題を最後まで完了できたら、プリントにシールを貼る、ノートにハンコを押してあげるなど、目に見える成果を見せてあげるのも1つの手段です。その時に頑張ったね、偉いね、と声かけをするとさらに効果的です子供に続けられる楽しさや達成感を与えることが大切です。

 

指示を具体化する

ADHD(多動性障害)の子供におすすめのサプリメント『コドミン』
ADHDの子供は話を聞いて、その内容を理解するのが苦手です。ADHDの子供にきちんと指示を伝え、話を聞いてもらうために適切に具体的に伝える方法を工夫をしてみましょう。

視覚的に伝える

ADHDの子供には、言葉による指示がなかなか伝わりにくいため、伝えたいことを絵に描く、順番に必要なものを並べる、チェックリストを作成するなど視覚的情報で支持することで、わかりやすく受け入れやすくなります。

 

短く具体的に伝える

ダメ、やめなさい、ちゃんとしなさいなど何をどうしたらよいかという具体的な指示もなく叱るのはNGです。あいまいな伝え方ではなく「○○しましょう」といった具体的な方法で1度に1つだけ伝えるようにしましょう

 

近づいて静かに穏やかに伝える

遠くから声を荒げて感情的に注意するのではなく、近づいて顔を見ながら、穏やかに、静かな声で話しかけまましょう。指示を繰り返すときも穏やかな口調のままで話すことで、子供も落ち着いて話が聞きやすくなります。

 

褒めて伸ばす

ADHD(多動性障害)の子供におすすめのサプリメント『コドミン』
ADHDの子供に対しては、褒めることが非常に大事です。ADHDの症状で ある衝動的な行動や落ち着きのなさは叱ることで改善するわけではありません。出来ないことを叱りすぎずに、出来たこと、いいところを褒めて伸ばしてあげることが大切です。

出来たらすぐ褒める

小さなことでも達成できたり、良い行動をしたときはその場ですぐに褒めてあげることが大切です。その際、子どもと目線をあわせ、感情をここめてストレートに心から褒めてあげましょう。抱きしめたりするのも効果的です。

 

トークンエコノミーシステムの活用

子どもが適切な行動をとれたら、シールやスタンプ、ポイントなどをあげて、それが貯まったら好きな物と交換できるようにするご褒美システムを活用するのも良いでしょう。これをトークンエコノミーシステムといい、良い行動を促し、問題行動の抑制に役立つことから昔から活用されてる方法です。

 

時には無視をする

ADHD(多動性障害)の子供におすすめのサプリメント『コドミン』
好ましくない問題行動が見られたとき、叱ることは逆に刺激を与えて反抗されていまうこともあるでしょう。そういった時には無視をすることも1つの方法です。この無視とは子供から目を離すという意味ではなく、注目せずに少し遠く見守るということです。しばらく待って、問題行動がおさまり好ましい行動をし始めたら、すかさず褒めることが大切です。

 

代替案を出してみる

問題行動がある時、叱ってやめさせようとするのではなく、「こうしてみよう」、「次はこうしてみたらどうかな」と代わりになる行動を示してあげましょう。してはいけない行動を咎めるのではなく、代わりにしても良い行動を具体的に教え、それが出来たらしっかり褒めてあげることで問題行動の抑制に役立ちます

 

ADHD(多動性障害)の子供におすすめのコドミンとは?

ADHD(多動性障害)の子供におすすめのサプリメント『コドミン』
ADHDの子供の落ち着きや集中をサポートするサプリメントとして話題になっているのが、「コドミン」です。
ADHDの研究が進み、治療薬なども開発されるようになりましたが、やはり副作用などが気になりますよね。
サプリメントなら、薬のような副作用の心配もないし、安心して使用することができるということで、お子様の発達に不安がある親御さんたちに人気が高まっています
今回は、このコドミンの詳しい特徴や成分、効果的な飲み方などについてご紹介したいと思います。

 

ADHD(多動性障害)の子供におすすめのサプリメント『コドミン』

 

 

コドミンの特徴や成分

ホスファチジルセリンを1粒に100mg配合!

コドミンには、ホスファチジルセリン(PS)という、落ち着きや集中をサポートしてくれる成分が配合されています。
ホスファチジルセリン(PS)は、 大豆に含まれいるリン脂質の一種で、子どもの集中や記憶、行動の落ち着きをサポートするとして注目を浴びています。
ホスファチジルセリンは、大豆にわずかに含まれていますが、食べ物で充分に補うことは難しい栄養素です。コドミンは、このホスファチジルセリン(PS)を1粒あたり100mg配合しています。
コドミンを飲むだけで、この貴重な成分であるホスファチジルセリンを効率的に補給することができます。

ホスファチジルセリン

ホスファチジルセリンは、 リン脂質の一種で、脳や神経組織に特に多く存在しています。脳のリン脂質の約18%を占めており、脳の栄養素と呼ばれるほど重要な役割を果たしています。脳の神経伝達物質の分泌量を増加させ、神経伝達がスムーズに行われるようになることで、集中力や落ち着きをサポートし、ADHDの症状の改善に役立ちます

 

ADHD(多動性障害)の子供におすすめのサプリメント『コドミン』

 

さわやかなラムネ味で飲みやすい

小さなお子さまの場合、薬やサプリメントを嫌がり、飲ませるのに一苦労という親御さんも多いと思います。コドミンは、小さなお子さまでも飲みやすいラムネ味のタブレットタイプに作られており、お菓子感覚で毎日飲む習慣を身につけることができます

 

ADHD(多動性障害)の子供におすすめのサプリメント『コドミン』

 

国内工場で製造されているから安心!

大切なお子さんが毎日口にするものですから、コドミンは日本健康・栄養食品協会による健康食品GMPの認定を持つ、国内優良工場での生産にこだわっています。医薬品の製造実績もある工場で、医薬品と同じレベルでの製造・品質の管理を行っており安心して毎日継続することができる製品です。

 

ADHD(多動性障害)の子供におすすめのサプリメント『コドミン』

 

コドミンの飲み方

ADHD(多動性障害)の子供におすすめのサプリメント『コドミン』
コドミンは、1日に1〜2粒を目安に噛んでお召し上がりください。
サプリメントですので、薬のように飲む時間や量に特に決まりはありません、お子さんの体調に合わせて飲む量を調整しましょう。1日3粒以上摂取しても特に問題はありません。最初の一ヶ月程度は3粒からスタートしても良いでしょう。しかし、一度にたくさん摂取するより、毎日続けることが大切なので、まずは習慣化することを目標にしてください。
体質などによって効果の出方には個人差があります。コドミンの効果を十分に実感するためには、3ヶ月以上の継続使用をおすすめします
また、原材料表をご覧の上、使用している食品に対するアレルギーのある方は飲まないようにしてください。
体質や体調によってごくまれに発疹などが出る場合がございます。その場合は使用を中止してください。

 

ADHD(多動性障害)の子供におすすめのサプリメント『コドミン』

ADHD(多動性障害)の子供におすすめのサプリメント『コドミン』

 

コドミンの料金

コドミンは、公式サイトで通常8,980円で販売されています。
もっとお得に購入したい場合は定期コースの「トクトクコース」がおすすめです。
トクトクコースは、コドミンが通常価格8,980円のところ、初回のみ89%オフの980円で購入することができます。
さらに、2回目から4回目は3000円オフ5回目以降は5000円オフで購入することできるので、コドミンを長く続けていきたい方におすすめです。もちろん、送料・手数料は毎回無料です。
また、万が一効果が実感できなかった、体に合わなかったという場合でも60日間の返金保証がついているので、初めてコドミンを使用するという方でも安心して試すことができます。

 

ADHD(多動性障害)の子供におすすめのサプリメント『コドミン』

 

ADHD(多動性障害)の子供やコドミンについてのQ&A

ADHD(多動性障害)って子供だけじゃなく大人もなるの?
ADHDは、子供特有のものと思われていましたが、 実際には症状が改善されないまま大人になったり大人になってからADHDの症状に気づいて悩む人が増えています。大人になってもADHDの特徴の本質は変わりませんが、個人によっても違いますし、環境によってもあらわれ方が異なります。

 

ADHD(多動性障害)は医者に見てもらわないと治らない?
ADHDは脳の機能の障害ですので、病院で治療したからといって完治するというものではありません。しかし早期発見し、早期治療や適切なサポートを行うことができれば症状を改善することができると言われています。子供の発達に気がかりなことがある場合は、まずは発達障害専門の医療機関を受診しましょう。

 

ADHD(多動性障害)って遺伝でなったりする?子供が心配です…
ADHDの詳しい原因はまだ解明されていませんが、遺伝的要因による脳の機能障害であるという研究報告もあり、ADHDの人がいる家系の場合、ない家系よりADHDが発言しやすい傾向があると言われています。しかし、ADHDは体質や生育環境も複雑に影響していると言われており、単純に親がADHDだからといって、子供に遺伝するということではないようです

 

ADHD(多動性障害)の子供におすすめのサプリメント『コドミン』

 

コドミンってどこで作られているの?
コドミンは日本国内で製造されているサプリメントです。日本健康・栄養食品協会による健康食品GMPの認定を持つ、国内優良工場での製造にこだわっており、医薬品と同じレベルでの製造・品質管理を行っています。

 

コドミンを飲ませたいけど1袋だけじゃ効果ない?
コドミンは1袋に30粒入っているので、1日1〜2粒の使用で約2週間〜1ヶ月の使用となります。1袋でも効果を実感した、変化が現れたという方もいますが、効果が出るまでの期間は個人差がありますし、継続することでコドミンの効果をしっかり実感することが出来るようになります目安として少なくとも3ヶ月間の継続をおすすめします。コドミンは栄養補助食品ですので、長期間でも安心して飲むことができます。

 

ADHD(多動性障害)の子供におすすめのサプリメント『コドミン』

ADHD(多動性障害)の子供におすすめのサプリメント『コドミン』

 

 

商品名 コドミン
名称 ホスファチジルセリン含有加工食品
内容量 30粒
原材料名 還元麦芽糖水飴、ブドウ糖、ホスファチジルセリン(大豆含む)/結晶セルロース、酸味料、ステアリン酸カルシウム、香料、微粒二酸化ケイ素、ビタミンB1、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物)
販売価格(税別) 通常価格8.980円→初回お試し価格980円

 

 

ADHD(多動性障害)の子供におすすめのサプリメント『コドミン』

公式サイトはこちら

 

https://mpj.jp/